読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたと私はここにいる~A-live connect卜沢彩子のブログ

A-llive connect卜沢の思うこと、伝えたいことなど書き綴ります

28歳になります。近況と抱負

前にブログやFacebookを書いてからかなり経ち、更新したいなと思いつつ、いろいろと事情があり、できていなかったのでこの機会に近況報告など。取り留めもなく、とても長いです、久しぶりなので。

ここ2年ほどほとんど元々付き合っていた人と連絡を取っていなかったし、さらに今年になって、数えるほどしか連絡を取っていなかったのではと思います。

今年の抱負、連絡をしっかり取るなどは全然今のところできていないかもしれません。
連絡ができないままになっていて、謝りたい方もたくさんいます。
例年ならできる限りしている誕生日のお祝いくらいはしたいのに、なかなか連絡できず、となっていました。

まず理由の一つ。
ここ数年、ずっと通っていた心療内科が混みはじめてきてから対応が悪くなってきているような不信感があったのですが、1月から薬を飲むのを辞めることになりました。

そしてベンゾジアセピン離脱症状というものにずっと苦しんでいました。

しかし、依存性の高いベンゾジアセピン系の薬を出していたにも関わらず主治医に離脱症状が出る薬ではない、やめられてよかった、卒業だと言われてしまい、病院を変えました。
今は投薬なしで、カウンセリング中心の治療をしています。

身体症状でいうと地獄の苦しみで、正直生きてきた中で一番辛い状態になりました。
一切頭が回らず会話ができない、買い物すらできない、一日中全身が痺れ、痙攣するなど挙げるときりが無い状態でした。
この苦しみで自殺する人も少なくないそうです。
これについてはあとでちゃんとまとめたいなと思っています。

またその頃いろいろと大変なことが続き、追い込まれていたのも重なり、それでも考え方は前向きで精神的には大丈夫だと思っていたのに、身体が先にストレスに耐えきれずパニック状態になっていました。


ただ、そのおかげで病院を変えて、
とてもいい先生といいカウンセラーさんに会うことができました。
私はそもそもひたすらに自分を追い込んで、削って無理をしすぎているのだから、できる限りストレスから遠ざかり、休養するように言われました。

最初は入院を勧められました。
理由は治療というより休養のためで、
「あなたは家じゃ動き続けて休まないでしょ?」とのことでした。


そこで今まで自分は全く休めていなかったことに気付きました。
自分でもっと頑張ればもっとできる、まだまだ自分はダメだ足りないと思い続けることで、
自分がどれだけ多くのことをやっているのか認めていなくて、把握もできていなくて、もちろん自分で把握しきれていないのでまわりも気付かず、
止められることもなく、
むしろ限界まで無理をしていても『もっとできる』と言われたり、
過剰に『弱い、できない、やっていない』と勘違いされ、そう思われるのは違う、と結果どんどん自分を追い込み続けてきたことに気付きました。
弱っていて動ける時間が少ないと焦って、常に何かをやろうとしていたことで、動ければ常に無理をしてしっかりと休まないことで良くならないまま動き悪化し続けていたのです。


なので4,5月頃からは休む練習をしました。
ストレスを貯めない、とにかく無理をしないで休むということを心がけました。

最初は無理をしないで生きるという意味がわからないという状態でした。
生きてきて無理をしないでいて良かったことなんてほとんどなかったと思ったからです。

やらなければいけないことを最低限にして休む、というように心がけ、できる限り責任の伴うことをお休みし、人付き合いも最低限で休むことにしました。
しあわせなみだもお仕事も責任のあることを全て休むということは実はほとんど初めてだったのかもしれません。
細々いろいろやってたんです、いつも。実は。
それもまたいろいろ理由があったのと、あまり自信なかったから言わなかったけど。


また身体が本当に酷い状態だったのでとにかく、本気で健康に気を遣い始めました。

ストレッチや運動、入浴、食事にも気を遣い、サプリメントも見直しました。


カウンセリングで自分が囚われている枠に気付き、私はずっと自分を大事にしていいのかわからないと思っていたことを認識しました。

それからは自分を大事にする練習をしていました。
やらなければいけないことではなく、やりたいことをやる、という練習を始めました。

やらなければいけないことばかり考えてしまい、やりたいことをまとまった時間やることがなくなってしまっていたからです。
やりたいことはあくまで動けないときの休憩という認識にいつの間にかなってしまっていました。


本当に毎日波があり、試行錯誤し、一日たりとも同じような日はなくて。
身体が硬直してコンタクトを付けるのに1時間かかる日もあったり、自分が今何をしているかわからなくなることもしょっちゅうでしたが
毎日いろいろな発見があり、少しずつ新しく自分の生き方を見直してきました。

今は心がずっと穏やかになりました。
やつれていたのが健康的になって顔色も良くなり、表情も穏やかになったと言われます。

離脱症状についても、こんなに悪くなったからこそ、生き方から身体も見直すことができて良かったと思っているし、今思えば、薬はずっと私には効いていなかったかもしれないけれど、きっとそのときは必要だったのかもしれないと思っています。


まだ頭が働かなくて、物事を整理して話せなかったり、連絡を返せなかったり身体が硬直したりすることはよくありますが、着実に、根本的に回復している気がします。
今まででこんなに良くなってきていることを実感するのは初めてです。
まだ、もう少しリハビリ期間は続きます。今年いっぱいかかっちゃうかもしれないですけれど焦らずにちゃんと治したいです。

最近は、私はやっぱり私でいいんだなって改めて思えるようになりました。
気づいたことを発信していきたいと思っています。

あと、自信がなくて自分で卑下したり、卑屈になるのをやめようと思います。
できてないことばかり言ってしまい、できていることややっていることをあまり言わない癖がついてしまっていて、それでやっていないと思われて悪循環となってしまっていることに気付きました。
やっている!というのは怖いですけど、できてないことばかり言うのだけはとにかく控えようかなと。


近頃は少しずつ人付き合いも戻してきました。
やっぱりすごくいい人たちに囲まれていたんだということを実感しています。
だから常にまわりに凄い人いすぎて自分なんて全然できないって思って自信なかったんだけどね。

Facebookも全然見ていないし、なかなか人に連絡できませんでしたが、また少しずつ連絡したり会ったり話したりしていけたらと思います。
あ、連絡取るのは電話というか通話が一番楽で確実です。

流石に28になると歳をとって嬉しい!とはなりません。
歳が上にいくにつれ、募集要項などを見ても新しいことをする年齢制限を越えたりしているのを見て、焦ることもあります。

でも私はこれまで生きてきた経験が私の一番の財産だと思っています。
苦しい中でも、怖い中でも、必死に頑張り続けてきたこと、自分にも人にも物事にも本気で向き合い続けてきた日々が私の誇りです。

分かり易い成果になっていないことも、頑張り方を間違えたこともたくさんありますが、それだけは間違っていないと思っています。
だから歳が上になったときは、1年間何を積み重ねられたかなって考えたいなと思います。

この1年は得難いものを得られた1年でした。

私は自分の中にあるものを外に出したいです。

私がしてきた経験、蓄積された知識、そこで得たこと。
そういうものは伝える価値があることだということ。

人を傷付けたくないと、人に優しくなりたい、大事にしたいと試行錯誤した1年でした。

でも、人を傷付けないように自分を必死に抑えて頑張ったとしても、傷付く人はやっぱりいるし、
傷付けたくなくて動かなければ目に見えて傷付く人は確かに少なくなるかもしれないけれど、動くことによって生み出されたはずの価値を生み出せなくなることは、結果的に傷付く人が増えることに繋がる
ということに気づかされました。
それなら、自分らしく、価値を生み出していったほうがいい!という結論になりました。


今まで本当にたくさんの人が私のことを大事にしていてくれていたと実感しました。

自分が思った以上に頑張っていたし、人に先回りして気を使っていたことに気付きました。


自分にも人にもひたすら向き合えた1年でした。

それを通じて物事の流れがみえるようになってきました。


きっとたぶんこれから人生がガラリと変わると思います。
ほぼ確信しています、なぜだか。

みなさんにも凄くご迷惑をかけることになるかもしれません。


少しずつですが、焦らずにゆっくり、着実に輝いていける1年にしたいなと思います。
やっぱりわかりやすく結果を出したり動いていって、今度こそ何者かにちゃんとなるということは今年の抱負と引き続きありますが、焦らずに、何より自分らしく、自分を叶え、社会や人に還元していけるようになりたいなって思います。
ここまで遠回りしてるんだからね、どうせなら。

これからとりとめないことも出していけたらいいな。

これからも卜沢をよろしくお願いいたします。